世紀末芸術という抗い難いロマン

ウィーン・モダン 展 (国立新美術館) 「世紀末芸術」という響きに完全にやられた。時期の問題なのだが、世紀末と言うだけで大変にロマンである。クリムト展と迷ったのだが、今回はトヨタ待ち。以下メモ的感想。・世界史を押さえたい 額にヨーゼフ2世のいる豪…

ゴッホは左耳を、ダリは左手を切り落とす

フェルメール展 (大阪市立美術館) 現在見つかっている作品数は35点と言われ、世間にはフェルメール作品を見るために世界各国を巡る「フェルメール巡礼」なるものがあるらしい。今回は、そのうちの6作品も一気に見られる稀な機会である。行かねばと新幹線に押…