世紀末芸術という抗い難いロマン

f:id:nagatukino:20190527223715j:plain
ウィーン・モダン 展 (国立新美術館)
「世紀末芸術」という響きに完全にやられた。時期の問題なのだが、世紀末と言うだけで大変にロマンである。クリムト展と迷ったのだが、今回はトヨタ待ち。以下メモ的感想。

・世界史を押さえたい
額にヨーゼフ2世のいる豪華なマリア・テレジアからスタート。ウィーンを敵から守っていた巨大な城壁が取り払われ、それまでの芸術を網羅し、かつ新しい芸術を切り開いていくリング通りへと歴史を辿る動線。イギリスの鉄道の発展と共に見る芸術というのも過去あったが、街が丸ごと芸術文化というのがヒシヒシと感じられる。

・実用的でちょっと素敵な家具を部屋に
ビーダーマイアー。最近ウィリアム・モリスの壁紙展で覚えたてのフレーズに思わずニコニコ。工業化に伴い手作りの良さ、大切さを再発見する時代。豪華絢爛に自分を飾るものから実用的で優美なスタイルへ。厳しい監視の目の届かない自分の部屋を居心地のよいこだわりの空間へ。食器や椅子など、使える芸術作品と言った感じ。

・「クリムト、シーレだけじゃない」とは言うものの
クリムト展行きたくてうずうずしてるもので。クリムト見られてとても嬉しい。黄金の鎧のクリムト感。知恵と芸術と戦いの女神。分離派の象徴。エミーリエ・フレーゲの肖像も万華鏡のビーズみたいで大変に美しい。モデル本人はあまり気に入っていなかった様子だが。

・分離派って何だか自由そうね
分離派展のポスター郡がたまらなく良い。色んな人が順番で(?)描いてるようだが、どれもデザインがとても素敵。縦長のフォーマットで統一感出てるのが不思議に感じる多様性。

・1周回って装飾なんて不要
展示の最後の方に建築のミニチュアが出てくるのだが、物凄い凝った建物の横に飾り要素0の建物が並ぶのが凄まじいなと思った。人の彫刻とかがたくさんくっついてるのを現代マンションとして建てようとはならない訳だが、急にそれが出てくると暴力的にさえ感じる。花を飾るという妥協案に、それで良いのかと突っ込み。